ロードバイク

オススメのロードバイクはこちら

ロードバイクとは

ロードバイクとは、ドロップハンドルに細いタイヤを有したスポーツサイクルのことで、乗車ポジションは前傾姿勢になり、自転車の重量もかなり軽いため、とにかくスピードが出せる自転車です。
人力で最も早く走れる乗り物と言われているほど、風を切って進む爽快感は一度乗れば忘れられないほどの魅力です。

本格的にレースに参加する人もいれば、最近では通勤や通学など、普段使いでカジュアルに乗る人も増えてきました。

ロードバイクの特徴

ドロップハンドル

ロードバイクが、街乗り自転車(シティ車)や他のスポーツ自転車と大きく異なる点はハンドルの形状です。牛の角のように大きく曲がった独特な形をしています。このハンドルの事をドロップハンドルと言います。

ドロップハンドルには握り方にもバリエーションがあり、様々な道や勾配でスピードに乗って風を切りたいのか、のんびり景色を眺めながらサイクリングしたいのかによって使い分けることができます。

タイヤが細い

ロードバイクはシティ車と比べて、速く、長く乗ることを念頭に作られているため、ロードバイクのタイヤは走行中に受ける抵抗を限りなく少なくするために、幅は2センチ程度しかありません。
この細さが抵抗を極限まで減らすことにより、ロードバイクは速く走ることができます。

また、ロードバイクのタイヤの空気圧は高いので、ちょっとやそっとのことでパンクすることはありません。

ロードバイク選びのポイント

フレーム

安価なため初心者向けのアルミフレーム、振動吸収性に優れ、平坦な道を長距離移動するにはもってこいのクロモリフレーム、プロも使用している軽さ・スピード共にパフォーマンスに優れ、長距離を移動しても疲れにくいカーボンフレーム​があります。

ホイール

ロードバイクのホイールは、ホイールの重さによって乗り心地や、漕ぎ出しの軽さの違い、勾配でのラクさに影響します。

​初めてロードバイクを購入される方は、詳しいスタッフによく相談して購入するのがオススメです。

タイヤ

ロードバイクのタイヤは重さ以外にも、幅の違いによって乗り心地が変わってきます。幅が狭いほど速く走ることができ、太くなるほど操縦性と衝撃吸収力が向上します。シーンによって使い分けるのがオススメです。

体格

人によって体格は様々で、腕や足の長さ・骨盤の大きさも違います。座った位置からハンドルまでの距離・ペダルまでの距離・サドルの大きさなど、個人差がありますので、自分の体格に合ったものを選びましょう。

BONDS横ロゴ透過.png
  • Facebook
  • YouTube
サービス

Copyright © Cycle Shop BONDS All Right Reserved.

店舗情報

静岡県静岡市葵区大岩2丁目52-3 

054-277-9350

bonds@wave.plala.or.jp